ポカリスエットに利尿作用はあるのか?トイレが近く感じる理由とは

ポカリスエット 利尿作用

スムーズに水分を補給できる飲料といえば、代表的なのはポカリスエットです。

ただ、人によってはポカリを飲んだ後に、トイレが近くなったように感じてしまう場合があるといいます。

カフェイン飲料の利尿作用は有名ですが、ポカリにそういった効果があるという話はあまり聞いたことがありませんよね。

ポカリスエットに利尿作用があるのかどうか、詳しく見ていきたいと思います。

ポカリスエットと利尿作用

ポカリでトイレは近くなるのか?

結論からいいますと、ポカリスエットに利尿作用はありません。

一般的な食品に含まれている成分で利尿作用があるのは、カフェインアルコールです。

ポカリスエットにはどちらも含まれていないため、そういった効果は一切ありません。

とはいえ、ポカリを飲むとトイレが近くなったように感じてしまうのもまた事実です。

おそらくその理由は、水分の吸収が早いことにあります。

ポカリスエットは他の飲み物に比べて、水分が体に早く吸収されるように成分が調整されています。

水をたくさん飲むと頻繁にトイレに行きたくなりますが、これはポカリにも同じことがいえます。

ポカリは水よりも吸収が早いぶん、水を飲んだ時よりも尿意を催すまでの時間が短く感じるのです。

ポカリは腎臓には影響しない

尿意を早く感じるとはいえ、厳密な話をすれば、これは利尿作用とは異なります。

一般に利尿作用というのは、腎臓の働きを活発にして、腎臓が尿を作り出すスピードを上昇させる効果のことを指します。

カフェインやアルコールの場合、以下のようなメカニズムによって利尿作用が働きます。

【利尿作用のメカニズム】

<カフェイン>
カフェインには交感神経を刺激して、血管を拡張させる働きがある。
この影響で腎臓への血流量が増えるため、血液をろ過する量が増加して、結果的に尿の生成速度が上昇する。

<アルコール>
人間の体は「抗利尿ホルモン」の働きによって、普段は尿の量を調節している。
アルコールは抗利尿ホルモンの働きを抑制するため、必要以上の水分を外に出そうとして、結果的に尿の量が増える。

ポカリスエットの場合、腎臓に影響を与えるような成分は入っていないため、尿の生成スピードは変化しません。

単純に消化吸収が早いだけで、腎臓で血液をろ過する機能は普段どおりなので、利尿作用があるわけではないのです。

ポカリについては、飲んだ分が腎臓に届くまでの時間が短いというのが正しい表現でしょう。

ポカリスエットとアルコールの関係性|酔いやすくなる噂は本当か?


スポンサーリンク

カリウムに利尿作用があるという説

ポカリスエットは、成分の中にカリウムが含まれています。

美容関係の情報を見ていると、カリウムには利尿作用があるという話をよく目にします。

ポカリでトイレが近くなるのは、このカリウムの働きによるものなのではないか、とも考えました。

しかし、この説にはおかしな点があります。

カリウムが多く含まれている食品の代表格はバナナです。

カリウムの含有量は、ポカリスエットが100mlあたり20mgなのに対し、バナナは1本で360 mgと、ポカリよりもはるかに多い量が含まれています。

もしカリウムに利尿作用があるのであれば、バナナを食べた時にトイレが近くならなければおかしいはずですが、現実にはそういったことはありません。

つまり「カリウムに利尿作用がある」という話は、正しくないということになります。


スポンサーリンク

利尿作用には2つの意味がある?

では、カリウムに利尿作用があるという情報は、どう考えればいいのでしょうか?

いろいろと調べてみたところ、どうやら利尿作用には2つの意味があるようです。

カリウムは、体内にある余分な水分や塩分、腎臓に溜まった老廃物などを、スムーズに排泄するように促す働きを持っています。

美容系の情報サイトなどでは、この水分の排出促進効果によって、むくみが解消されるといわれています。

そして、この排泄促進の働きを持っていることについても、「利尿作用がある」と表現されるようなのです。

<カフェインには利尿作用がある>
カフェインが腎臓に作用して、尿の生成が早くなるという意味。

<カリウムには利尿作用がある>
余分な水分や塩分の排出を促進してくれる働きがあるという意味。

ようするに、尿の生成を促す働きも、尿への排出を促す働きも、どちらも「利尿作用」と呼ばれているのです。

ややこしい話ですが、「利尿作用がある」と書かれていた場合、どちらの意味を指すのかは成分によって違ってきます。

カリウムの場合、排出促進という意味の利尿作用はあっても、トイレが近くなるという利尿作用はありません。

すなわち、カリウムを含むポカリの場合、排出促進の効果だけがあり、尿の生成が促されるような効果はないということになります。

ポカリスエットが胸焼けに効くという噂は本当か?液性が誤解される要因

ポカリでトイレが近くなる人は

利尿作用がないとはいえ、人によってはポカリスエットでトイレが近く感じて困る方もいるでしょう。

人間は思い込みによっても頻尿になることがあるので、ポカリスエットにそういうイメージを抱いていると、実際にそうなってしまう可能性も否定はできません。

もし気になる方は、すぐにトイレに行けないような状況下では、なるべくポカリは飲まない方が良いでしょう。

また、単純に水分を取りすぎてしまっても頻尿になるため、ポカリの飲み過ぎによる頻尿の可能性も考えられます。

ポカリの飲み方も含めて、普段から水分を摂りすぎていないか、いまいちど生活を見直してみましょう。


スポンサーリンク

まとめ

ポカリスエットには利尿作用がなく、トイレが近くなったりすることはありません。

ただ、ポカリは水分の消化吸収が早いために、水と比べると早く尿に変換される可能性があります。

もし気になる場合には、トイレに行くことができない状況や、寝る前などにはあまりポカリスエットを飲まない方が良いでしょう。

関連記事


ポカリスエットは美肌や保湿に効果がある?水分補給で潤いをキープ

ポカリスエットは酸性?アルカリ性?食品分類上と実際の性質の違い

ポカリスエットは英語だと変な訳になってしまう?海外展開への影響